Health 2.0 Fukushima Chapter関連記事:

【開催レポート】Health 2.0 Fukushima Chapter Vol.4 Medical×Security Hackathon


2014年2月27日(木)-28日(金)に星野リゾートアルツ磐梯スキー場にて「Health 2.0 Fukushima Chapter Vol.4 / Medical×Security Hackathon」が開催されました。
今回は経済産業省 東北経済産業局 平成25年度地域新産業集積戦略推進事業のご支援、福島県及び会津若松市、公立大学法人会津大学の後援、また多方面からのご協力を賜り開催する運びとなりました。関係者の皆様にはこの場を借りて厚くお礼を申し上げます。

2014年2月27日(木)

1日目は、11時より3名の講師の先生方の講演が開催されました。

まずトップバッターは、東北大学病院 総合地域医療教育支援部 教授 宮城県災害医療コーディネーター/日本赤十字社救護員指導者の石井 正様
講演は「石巻医療圏における東日本大震災への対応と今後の取り組み」。大規模災害など緊急事態においては医者も医療関係者も隔たりなくひとつのチームとして協力していくことが大切だという、メッセージを語っていただきました。
hac-2

続いて、一般財団法人 日本品質保証機構 認証制度開発普及室 特別参与の中里俊章様
「医療機器ソフトウェアとセキュリティ TC62における国際規格等の動向」という題で、医療アプリケーション開発におけるセキュリティの重要性を講演していただきました。
IMG_0392

最後は昨年のHealth 2.0でも講演してくださった、神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特命講師の杉本真樹様
「医療人を動かすインセンティブプレゼンテーション」と題し、昨年の「科学者を動かすプレゼンテーション思考」に続いて「いかに伝えるか」ということについて印象的に語っていただきました。
IMG_0416

講演会のあとは、今回コーディネーターを務める(株)日本総合研究所の東博暢様と3名の講演者によるトークセッションが行われました。
IMG_0444
コーディネーターの東様が巧みに話題を引き出し、三名の講師の方それぞれの興味深いお話を聞くことができ、とても有意義な時間となりました。ありがとうございました。

IMG_0509
さて、オリエンテーションと昼食を挟んでいよいよ競技開始です。昨年に引き続き、今回も「Medical Hackathon」と「Security Hackathon」の2つの競技が開催され、Medical Hackathonは23名、Security Hackathonは6名が参加しました。

Medical Hackathonはまずアイディアピッチを行い、競技参加者だけでなく見学者の方からも様々なアイディアをいただきました。
IMG_0575

アイディアピッチの後はチームに分かれていよいよ競技を開始します。
IMG_0593
IMG_0594
IMG_0597
チームは最終的に8チームとなりました。

Security Hackathonは主催者側が準備した日医標準レセプトソフトORCA 、OpenEMRなどの医療ソフトウェアに対して、脆弱性の調査を行います。
こちらは個人戦のため、皆さん黙々とパソコンに向かわれていました。
IMG_0757

競技はメイン会場・天空cafe・ウィスラーカフェにて行われました。
メイン会場の様子。
IMG_9806
IMG_0614

IMG_9799

また、メイン会場ではコーヒーが自由に飲める他
IMG_0615

3Dスキャナなどの最新のガジェットに触れることもできます。
IMG_0630

1Fのウィスラーカフェで開発をしているチームも。
IMG_0623

この日は生憎の天気でしたが、競技と平行してゲレンデではエクストリームアイロンやドローン飛行といったイベントも開催されました。
IMG_9763
IMG_9574
hac-6

競技の合間には、D言語勉強会の「Dの日」がありました。
この日は美馬久行さんら3名のプレゼンテーションが行われ、D言語に関する濃いプレゼンで、みなさん熱心に聞いていました。
IMG_9840
hac-7

19時からは会津大学ISSMとの合同の懇親会が開催されました。
乾杯の一幕。懇親会ではチームを超えて交流があり、皆さん終始和やかな雰囲気でした。
IMG_0683

懇親会終了後もメイン会場に戻って競技を続ける参加者も多く、競技は夜通し開催されました。
IMG_0735
IMG_9850

2014年2月28日(金)

徹夜で競技に望んだチームも多く、Medical・Security共に最後の追い上げです。
IMG_9907
IMG_0802
hac-8

12時半にて競技が終了!参加者の皆様、長丁場お疲れさまでした。

昼食後はFukushima Chapterおなじみ猪苗代湖に浮かぶ「かめ丸」特別会場でのプレゼンテーション。

みなさん船に乗り込み、プレゼンテーション開始。
持ち時間3分という限られた時間のなかで、みなさん精一杯のパフォーマンスを発揮されていました。
hac-15
IMG_0913
IMG_0926
IMG_0916

IMG_9966
プレゼンテーションが終わり厳選な審査の結果…、優勝者が決定。
Medical Hackathonはチーム「Sherepo」が優勝!
IMG_1055

Security Hakcathonは昨年に引き続き千田雅明さんが優勝!
IMG_0986

優勝者には賞金10万円が贈呈されました。
また、Medical Hackathon優勝チームは、2014年秋にサンフランシスコで開催されるHealth 2.0 San Francisco 2014 Developer Challengeの世界本選に出場する権利を獲得します。
おめでとうございました。

最後にかめ丸の前で記念撮影。みなさまありがとうございました。

IMG_1073

今回は昨年度に引き続きアルツ磐梯スキー場をメイン会場とし、ゲレンデ全体を競技会場としました。皆様お楽しみいただけましたでしょうか。
次回もアルツ磐梯スキー場での開催を予定しています。
ありがとうございました。

Date

Health 2.0 Fukushima Chapter Vol.4 / Medical×Security Hackathon
日時:2014年2月27日(木)11:00〜2月28日(金)16:30
場所:星野リゾートアルツ磐梯スキー場

参加人数
Medical Hackathon 23名
Security Hackathon 6名
ゲスト(講演者・審査員) 10名
見学者 33名
スタッフ 5名

Medical × Security Hackathon 2014 成果物


2/27-28に行われました「Medical × Securtiy Hackathon」について、以下のとおりに成果物を掲載いたします。

この度、「Medical × Securtiy Hackathon」の開催にあたり各位から多くのご支援をいただき無事に終了させることができました。関係者の方ならびに競技参加者の方にお礼申し上げます。
Medical Hackathonでは、競技参加者から数多くの素晴しいアイディアが出され、実際に開発を行いました。Security Hackathonでは、脆弱性の発見がありました。
この働きに対して多くの方々に関心をもっていただき、医療の発展に繋げていきます。

また以下の成果に対して製品化、実用化に向けご関心のある企業様、行政様がおられましたらHelth2.0事務局までメールでお問い合わせ下さい。

コンタクト
Health 2.0 Fukushima Chapter事務局
株式会社Eyes, JAPAN
担当:山寺、北澤
〒965-0872 福島県会津若松市東栄町9-15 NTT東栄町ビル
URL: http://www.nowhere.co.jp/
E-mail: info@nowhere.co.jp

【Medical Hackathon】

優勝 & Race for Resilience賞

チーム名 Sherepo
メンバー 行田尚史(代表)、羽部真道、村山寛明、幕田亮介、 林竜彦

選択テーマ スマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション
課題内容
被災時の避難所の情報調査 アセスメント
総合評価(100点満点) 73点

Sherepoさんは、2014年秋にサンフランシスコで開催されるHealth 2.0 San Francisco 2014 Developer Challengeの世界本選に出場する権利を獲得します。

優勝したSherepoさんには賞金10万円が贈与されました。
また、世界防災・減災ハッカソン Race for Resilience 石巻 ハッカソンより、Race for Resilience賞が授与されました。

 

第2位

チーム名 非公開
メンバー 非公開(2名)
選択テーマ
Webやスマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション
課題内容
非公開
総合評価(100点満点) 67点

 

第3位 & 審査員特別賞

チーム名 トレラン
メンバー 坂本直樹

選択テーマ Webやスマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション
課題内容 2024年医療費140兆円を抑制する
総合評価(100点満点) 64点

 

チーム名
乳酸菌
メンバー
二瓶俊昭(代表)、金田祐也、Sadcha M Holesch

選択テーマ Webやスマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション
課題内容 ClouDr
総合評価(100点満点) 58点

 

チーム名 ITAKO
メンバー 小嶋優希、八幡圭嗣

選択テーマ Webやスマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション、被災者向け医療
課題内容 OMAMORI 大切な人の写真に命を吹き込む
総合評価(100点満点) 56点

 

チーム名 エレファント
メンバー 上坂昭博、有馬司、星麟太郎、岡野秀生、長名シオン

選択テーマ
Webやスマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション
課題内容
健康寿命をのばすSNS -運動サポートアプリの提案-
総合評価(100点満点) 49点

 

チーム名 Him@jin
メンバー
村上和輝

選択テーマ
Webやスマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション
課題内容
ちょっとしたhack
総合評価(100点満点) 37点

 

チーム名 Dの日
メンバー
非公開(3名)
選択テーマ
Webやスマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション
課題内容
D言語による網羅性の高いテストについて
総合評価(100点満点) 37点

【Security Hackathon】

参加者氏名 千田雅明
選択テーマ Osirix、Androidや医療機器ソフトウェアの脆弱性調査、侵入テスト

総合得点(30点満点) 30点

優勝した千田雅明さんには賞金10万円が贈与されました。

 

参加者氏名 Denis Vazhenin

選択テーマ Osirix、Androidや医療機器ソフトウェアの脆弱性調査、侵入テスト
総合得点(30点満点) 24点

 

参加者氏名
金子正人

選択テーマ Osirix、Androidや医療機器ソフトウェアの脆弱性調査、侵入テスト
総合得点(30点満点) 20点

 

 

メンバー
杉山翼、丸山滉太郎、鈴木彬人

選択テーマ Osirix、Androidや医療機器ソフトウェアの脆弱性調査、侵入テスト
総合得点(30点満点) 17点

 

メンバー 羽生凌太

選択テーマ Osirix、Androidや医療機器ソフトウェアの脆弱性調査、侵入テスト
総合得点(30点満点) 15点

 

Medical × Security Hackathon 2014 優勝者決定!!


2014年2月27日(木)-28日(金)に行われました「Medical × Security Hackathon 2014」について、以下のとおりに優勝者が決定したことをお知らせいたします。

この度の「Medical × Security Hackathon 2014」の開催にあたって、各位から多くのご支援をいただき無事に終了させることができました。関係者の方ならびに競技参加者の方にお礼申し上げます。
今後ともご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【Medical Hackathon優勝チーム】

チーム名 Sherepo
メンバー 行田尚史(代表)、羽部真道、村山寛明、幕田亮介、 林竜彦
課題内容
Sherepo (避難所アセスメントシステム)

Medical Hackathon優勝チーム・SherepoさんはアメリカのHealth 2.0事務局との協議の結果、2014年秋にサンフランシスコで開催されるHealth 2.0 San Francisco 2014 Developer Challengeの世界本選へのエントリー資格が授与されます。

また、Sherepoさんには賞金10万円が贈与されました。

【Security Hackathon優勝者】

氏名 千田雅明
課題内容
医療アプリケーションにおける脆弱性調査

千田雅明さんには賞金10万円が贈与されました。

 

※各チームの最終成果物については後日まとめて公開する予定ですので、今しばらくお待ち下さい。

Health 2.0 Fukushima Chapter/Medical × Security Hackathon 2014開催概要


Health 2.0 Fukushima Chapter/Medical × Security Hackathon 2014開催概要

(経済産業省 東北経済産業局 平成25年度地域新産業集積戦略推進事業)
Health 2.0 Fukushima Chapter事務局

趣旨

2014年2月27日、28日に、経済産業省 東北経済産業局 平成25年度地域新産業集積戦略推進事業のご支援を受け、Health 2.0 Fukushima Chapter Vol. 4及びHackathonの2つのイベントを開催します。このイベントではHealth 2.0 Fukushima Chapter Vol. 4で行われる講演だけではなく、参加型のHackathonでは医療従事者だけではなく、大学生や社会人などを含む開発者、デザイナー、セキュリティエンジニア、アイデアを持った様々な人々が、医療に関するアイデアやセキュリティの問題の解決を積極的に出し合う事により被災地から新しい医療を創造します。また医療に関する情報共有、創発的な開発者コミュニティを築き上げるイベントとなります。

今回は震災復興の目的もあり風評被害が問題となっている被災地からアルツ磐梯スキー場をメイン会場とし、室内だけではなくゲレンデ全体を競技会場として利用可能です。

日時:2014年2月27日(木)11:00〜2014年2月28日(金)16:30

場所:アルツ磐梯スキー場内

*星野リゾートアルツ磐梯スキー場:http://www.alts.co.jp/
〒969-3396 福島県耶麻郡磐梯町大字更科字清水平6838-68


協賛

株式会社ドゥリサーチ研究所
株式会社日本総合研究所/大規模災害時における医療・救護情報システム研究会(iMeDief研究会)

後援

・福島県
・会津若松市
・公立大学法人会津大学

タイムスケジュール

2月27日(木) イベント内容 詳細
10:00〜 受付開始
11:00〜12:30 講演 11:00〜11:30 石井 正
11:30〜12:00 中里 俊章
12:00〜12:30 杉本 真樹
12:30〜13:30 昼食
13:30〜14:00 開会式/ブリーフィング
14:00〜19:00 Hackathon競技 (14:00〜15:00 アイデアピッチ)
その他特別イベント有り
19:00〜21:00 懇親会 *Hackathonは翌日まで継続的に開催
2月28日(金) イベント内容 詳細
〜9:00 朝食
9:00〜12:30 Hackathon競技 12:30 競技終了
12:30〜13:30 昼食 demoセッション
13:30〜16:30 プレゼンテーション・審査結果発表・閉会式 ※特別会場にて実施

イベントの概要

期間中、Health 2.0 Fukushima Chapter Vol. 4とHackathonの2つのイベントを開催します。

1.  Health 2.0 Fukushima Chapter Vol. 4 講演

2010年11月の「メディカルクリエーション in ふくしま 2010」で初めて開催され、今回で4回目を迎えます。医療分野で活躍するゲストの講師をお招きし、講演を行います。
講演者
石井 正 「石巻医療圏における東日本大震災への対応と今後の取り組み」
(東北大学病院 総合地域医療教育支援部 教授 宮城県災害医療コーディネーター/日本DMAT 統括DMAT/日本赤十字社救護員指導者)
中里 俊章 「医療機器ソフトウェアとセキュリティ TC62における国際規格等の動向」
(一般財団法人 日本品質保証機構 認証制度開発普及室 特別参与)
杉本 真樹 「医療人を動かすインセンティブプレゼンテーション」
(神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特命講師)

コーディネーター
東 博暢
(株式会社 日本総合研究所 戦略コンサルティング部 融合戦略クラスター長)

2. Hackathon(ハッカソン)

Hackathonは以下の2競技で行います。

1. Medical Hackathon

  • 競技内容:新しい医療アプリケーション及びサービスの創出、提案、開発

2. Security Hackathon

  • 競技内容:医療機器やソフトウェアの脆弱性調査、侵入テストなど
  • 使用するソフトウエア:決定次第お知らせします

 参加資格:

年齢は大学生以上とし、参加にあたり職業などの制限は特に設けません。基本的にはHack(=開発)できるだけの能力があるモチベーションが高い参加者を想定します。企業からの参加者だけではなく、医療を違った角度で見る事のできる若い才能を持った大学生などの参加を特に期待しています。また参加者は1名以上の複数人のチームとして競技を行います。スキー場内の会場のあらかじめ定められた場所が利用可能です。もちろん室内で競技可能ですので、特殊な防寒着やスキーやスノーボードが滑れる必要はございません(もちろんリフレッシュとして滑ったりして頂くのは問題ございません)。


参加者数:

Hackathonの参加者数は以下の通り(予定)

  • Medical Hackathon: 15〜20名程度
  • Security Hackathon: 5〜10名程度

環境:

1. 主催者から無償提供されるもの

課題、課題を手助けする様な参考サイト(http://health2api.com/)の提供、 夜間滞在可能な会場、会場パス、電源、インターネット環境(無線LAN)、電源タップ、プロジェクタ、食事(一日目の昼食、夕食/二日目の朝食、昼食)、仮眠施設、ゲレンデなどでのリフレッシュイベント、各種セミナー、講演参加資格など

2. 参加者が各自負担するもの

持ち込みノートブックPC、開発環境(ソフト)、プレゼンテーションソフトウェア、現地までの交通費など

*希望者は有償対応:併設の磐梯山温泉ホテルの特別宿泊プラン(2/27〜28)


ルール:

Hackathonのルールなどの説明を行う参加者全員のブリーフィングの後、アイデアピッチを行い、開発者とともに翌日までの約24時間で課題を解決する様なHackを行います。開催期間中はセミナーをはじめ様々なイベントなどを行ったり、スキー場での気分転換も可能です。深夜は競技可能ですが、仮眠施設などで休んで頂いても結構です。


プレゼンテーション:

Hackathonの参加者は、開発終了後の2月28日に特別会場で1人あるいはチームにつき5分程度のプレゼンテーションを行い、審査員へのアピールをおこないます。


審査員:

医療現場、産業、行政、デザイン、セキュリティの専門家などで実施。審査員は決定次第お知らせします。


審査のポイント:

Medical Hackathon

Medical Hackathon競技の審査ポイントは以下の通り。あくまでも1日でできる範囲のものであるため、製品レベルの完成度を求めません。
ただし医療分野外の参加者も多いと予想されるので、できるだけ新規性、将来性などを重視し、より魅力的なプレゼンテーションも審査のポイントとなります。

  1. 新規性
  2. 必要性
  3. 完成度
  4. プレゼンテーション能力
  5. 現実性
  6. 市場性
  7. 将来性

Security Hackathon

Security Hackathonについては 、発見した脆弱性の深刻度と個数、また、プレゼンテーションによる脆弱性攻撃手法のアピールの両方をもって総合的に決定される。


表彰:

Hackathonの参加者によるプレゼンテーションの後、審査員は協議の結果、以下の優勝チームを決定します。

  • Medical Hackathon: 1チーム(賞金 100,000円)
  • Security Hackathon: 1チーム(賞金 100,000円)

その後の支援及び知的所有権の考え方

1. Health 2.0 2014 Developer Challenge世界本選へのエントリー

アメリカのHealth 2.0事務局(URL: http://health2con.com/)との協議し、Medical Hackathonの優勝チームは2013年秋にサンフランシスコで開催されるHealth 2.0 San Francisco 2014 Developer Challengeの世界本選にエントリー資格が授与されます。

2. その後のフォロー及び知的所有権の考え方

今回のHackathonでできたせっかくの成果物が無駄にならない様に、優秀な参加者にはHackathon開催後も関心がある企業とのマッチング、行政の支援、さらなる試作などの研究開発助成金の紹介を継続的におこなっていきます。なお成果物の知的所有権に関しては、各参加者に全て帰属するものとします。

その他

課題:

Medical Hackathonの課題に関しては、当日の参加者によるアイデアピッチに賛同したものを開発してください。またSecurity Hackathonに関しては事務局側で侵入テストや脆弱性調査ができるソフトウェア/サービスなどの環境をご用意致します。

  • a) スマートフォンなどを使った新しい医療アプリケーション/サービス
  • b) Osirix、Androidや医療機器ソフトウェアの脆弱性調査、侵入テスト
  • c) 被災者向け医療
  • d) 遠隔医療
  • e) 地域医療再生

インターネットにおける広報活動:

WWW(http://www.health2con.jp/), Facebook (https://www.facebook.com/Health20JAPAN/), Twitter (@health20_jp)などで現地レポートをお送り致します。Ustreamは現在のところ予定しておりません。

コンタクト:

Health 2.0 Fukushima Chapter事務局
株式会社Eyes, JAPAN(担当:北澤/齋藤)
〒965-0872 福島県会津若松市東栄町9-15 NTT東栄町ビル
URL: http://www.nowhere.co.jp/ E-mail: info@nowhere.co.jp
Tel: 0242-38-2023 Fax: 0242-38-2080

Fukushima Hackathon, Health 2.0.


On the 15.-16. of March 2013 the Fukushima chapter of Health 2.0 held a uniquely themed Hackathon: Medical + Security.

The Hackathon aimed to inspire the entrepreneurial community in Fukushima and beyond to build successful solutions for the digital healthcare industry. In particular, we hope this event will help to grow interest in the emerging field of Medical + Security in Fukushima and across Japan.

The Fukushima Hackathon was the first ever combination of Medical + Security. We had 59 visitors; including some of the most influential hackers and entrepreneurs in the security field, along with medical and computer science students from University of Aizu and Tokyo.

The event itself was held at the beautiful Alts Bandai ski resort in Fukushima and encompassed not only some serious hacking, but also guest speakers, programming seminars, as well as more extra-curricular events such as snow boarding and extreme ironing. Check out the photos from the event here.

Final presentations were made aboard a boat on the nearby lake Inawashiro.

We were fortunate to have excellent speakers at the event, such as Noriko Yoshikawa, the Associate Director of the Foundation for Biomedical Research and Innovation (FBRI). She spoke on the subject of going beyond the medical needs (医療ニーズのその先へ). Ken Okuyama of Sony Digital Network Applications who spoke on the secure development life cycle for medical software (医療ソフトウェアのためのセキュア開発ライフサイクル) and finally, Professor Maki Sugimoto, M.D. who spoke eloquently on how to improve the presentations of scientists (科学者を動かすプレゼンテーション思考). He is an Associate Professor of Gastroenterology, Kobe University Graduate School of Medicine and a Visiting Professor of visiting lecturer of the Department of Bioengineering at the School of Engineering, University of Tokyo.

Our discerning jury was divided in two. A jury for the Medical Hackathon and a separate jury for the Security Hackathon.

The Medical Hackthon jury:

  • ・Maki Sugimoto (M.D., Ph.D. Associate Professor, Department of Gastroenterology, School of Medicine, Kobe University)
  • ・Ryuichi Iritani (Healthcare Equipment Industry Project Manager at the Fukushima Prefecture’s Commerce and Labor Department, Industry Creation Division)
  • ・Hiroyoshi Horinaga (Representative of toyaku.com)

The Security Hackathon jury:

  • ・Muneaki Nishimura (Sony Digital Network Applications, Inc.)
  • ・Marat Vyshegorodtsev (Rakuten, Inc.)
  • ・Sen Ueno (Tricorder. Co. Ltd.)

We are proud to announce that the winning teams of the 2013 Fukushima Medical + Security Hackathon were:
For Medical: Shingo Otsuka, Yu-ki Kojima, Kazuki Murakami, Yuya Kaneda (The “Otsuka Corporation”)
For Security: Chida Masaaki.

The “Otsuka Corporation” proposed a system for implementing the recognition of patient’s eye movements. With sensors tracking these movements it is possible to communicate with patients who cannot themselves move or speak (e.g. locked-in syndrome).

Chida Masaaki is a widely renown security expert and key member of the Japanese Capture the Flag (CTF) team which won the World Security Competition in 2012.

Altogether 9 significant vulnerabilities were found in less than one day across the following medical software:

  • ・OsiriX Imaging Software
  • ・ORCA, Japan Medical Association Standard Receipt Software
  • ・ConQuest DICOM Software

Naturally, we received explicit permission by the software developers in advance and we will be sending feedback detailing the vulnerabilities, bug reports and countermeasures.
As a whole, we consider the Fukushima Hackathon a great success and were glad to see both the Nikkei writing about our event, TV crews interviewing our participants and for the event to be generally well received by the media outlets: scan.netsecurity.ne.jp/article/2013/03/19/31262.html

A special thanks to Alts Bandai for supporting the Hackathon with a spectacular venue: http://www.alts.co.jp. The ISSM for their collaboration in promoting and developing this event along side their academic conference they day before. And most generously the METI, Tōhoku (http://www.meti.go.jp/english/index.html) who made this event possible through their generous funding. Finally, the Fukushima Hackathon would not have been possible without unerring dedication of our staff here at Eyes, JAPAN.

Photos


Audience aboard the boat

Dr. Sugimoto

Group work

In the snow

Medical Winner

Ohtsuka Corporation

Security Winner

Speaker on boat

By the white board