Hackathon参加者のご紹介


まもなく開催となるMedical × Security Hackathonの参加者は以下の通りとなりました。
今回ご紹介するのは、希望者のみのとなっております。

【Medical Hackathon参加者】(順不同)

14名中、5名の参加者をご紹介いたします。

氏名 八幡 圭嗣
職業 大学生
自己紹介 会津大学学部2年です。

 

氏名 村上 和輝
職業 大学生
自己紹介 会津大学学部2年で、現在iOSアプリケーション開発を主に行なっています。他にもRuby等でのサーバーサイドアプリケーション開発経験有り。猫とコーヒーさえあれば作業効率がガンガン上がります(・∀・)

 

氏名 真水 健介
職業 会社員
自己紹介 よりよい医療のために頑張りたいと思います。

 

氏名 宗像 忠夫
職業 企画、販売
自己紹介 ネットワーク、特にWAN側が得意。セキュリティに関しては。日経BPから、ITExpoで、セキュリティ部門でアワードを受賞。アタック検知では、韓国最大の会社の日本進出支援。医療分野でのモバイルセンサーに興味あり。

 

氏名 大塚 信吾
職業 学生
自己紹介 私は「Hello World」をただ表示するプログラムに感動し、東京高専に入学し情報工学科に入りました。
そのため、PCアプリケーション開発ばかりに目が行っていたのですが、学校の授業を学ぶうちに現実世界の情報をセンサで取り込み、それをもとに動く組込分野、特に医用生体情報工学に強く興味が湧くようになりました。
プログラムの部分から何か医療に関わっていけないか。今は医療に対する知識を持っていませんが、このハッカソンを通して自信のレベルアップにつなげれば、と思い参加登録申込みをしました。

 

【Security Hackathon参加者】(順不同)

6名中、1名の参加者をご紹介いたします。

氏名 上野 宣
職業 株式会社トライコーダ
自己紹介 技術系のセキュリティ教育やコンサルティングなどに携わっています。医療系ソフトウェアなどは普段触れる機会もないので、楽しみにしています。