【開催レポート】Medical × Security Hackathon 2015 -2日目-


2015年3月8日(日) -2日目-

2日目早朝。
朝早い時間から頑張っている参加者の姿がありました。
「いい結果を出したい!」という参加者の熱意を感じられました。

IMG_3167
IMG_2948
IMG_2950

この日の特別イベントとして、山頂にある天空cafeにて、杉本真樹先生の特別講義とエクストリームアイロニングを実施しました。

IMG_3187

エクストリームアイロニングは初めて体験される方が多かったようですが、皆さん個性的なパフォーマンスでアイロンをかけていました。

IMG_3303
IMG_3347
IMG_3367
IMG_3489

11:45に競技は終了し、昼食をはさんでいよいよプレゼンテーションです。
今回は、アプリ部門・セキュリティ部門で別々の部屋でのプレゼンテーションとなりました。

アプリ部門の様子です。
各チーム、趣向を凝らしたプレゼンテーションとなりました。

IMG_3616
IMG_3630
IMG_3642
IMG_3003
IMG_3017
IMG_3026
IMG_3038
IMG_3044-2
IMG_3052

セキュリティ部門の様子です。
セキュリティ部門は事前に脆弱性を報告し得点化するというルールのため、プレゼンテーションは印象点による評価となりました。

IMG_3669
IMG_2980
IMG_3676
IMG_3687
IMG_3698
IMG_3708
IMG_3719

全てのプレゼンテーションが終了すると、バスや車で特別会場へ移動して、審査と結果発表です。
特別会場に到着すると、2階では審査員の先生方による審査を実施。アプリ部門は、優勝チームの決定に苦心しておりました。

審査の結果、見事優勝を手にしたのは…
アプリ部門は、チーム Gruner Star。
Gruner Starは平均年齢19.5歳という最年少チーム。検査のハードルを低くする画期的なアイディアを評価されました。

IMG_3804

セキュリティ部門は、チーム脳㌧。
報告数もさることながら、笑いが起こるプレゼンテーションで会場を魅了しました。

IMG_3863

今回は各部門優勝の他に、特別賞もありました。
アプリ部門は「Race for Rejilience賞」「GUGEN賞」、セキュリティ部門は「SECCON賞」が授与されました。
「Race for Rejilience賞」は、チームGruner Star。
見事ダブル受賞を果たしたGruner Star。災害でも生かせるプロダクトという点を高く評価されました。

IMG_3774

「GUGEN賞」は、チーム スピリチュアル添い寝。
電子部品とアイディアの組み合わせの面白さを評価されました。

IMG_3745

セキュリティ部門「SECCON賞」は、チーム三重螺旋が受賞。
一般の方にも分かりやすく伝わるプレゼンテーションを評価されました。

IMG_3644.jpg

最後に特別会場の前で記念撮影。特別会場は磐梯観光船 かめ丸でした。
みなさまありがとうございました。

IMG_3061

今回は前回以上に参加者が増え、白熱したHackathonになりました。
アプリ部門・セキュリティ部門共に切磋琢磨した戦いで、心が動かされる場面が多々あったことが印象的です。
次回開催は現在未定ですが、またお目にかかれる日を運営一同楽しみにしております。