投稿

ファクタリングとは 図解 経営改善ラボ

【PR】






















































【PR】
















ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングは、企業が売掛金を現金化するための手段の一つであり、ビジネスにおける資金調達手法の一つとして利用されています。以下に、ファクタリングの仕組みについて詳しく解説します。

1. ファクタリングの概要

ファクタリングは、企業が売掛金(未回収の請求書)を金融機関やファクタリング会社に売却することで、即座に現金を受け取ることができる仕組みです。企業は売掛金の回収リスクを買い取ってもらい、現金を手に入れることができます。

2. ファクタリングの手順

  • 企業が商品やサービスを提供し、請求書を顧客に送付します。
  • 企業はファクタリング会社に請求書を売却する申し込みを行います。
  • ファクタリング会社は請求書の債権を審査し、信用リスクや請求書の妥当性を確認します。
  • 審査に合格した請求書に対して、ファクタリング会社は一定割合の現金を企業に支払います。
  • 顧客が請求書の支払いを完了すると、その金額から手数料や利息を差し引いた残額が企業に支払われます。

3. ファクタリングの利点

  • 即座に現金を手に入れることができるため、資金繰りの改善が可能です。
  • 売掛金の回収リスクをファクタリング会社が負うため、企業のリスクが軽減されます。
  • 企業の信用力や過去の取引履歴よりも請求書の価値が重視されるため、資金調達の敷居が低くなります。

4. ファクタリングの注意点

  • 手数料や利息などの費用が発生するため、コスト面で検討が必要です。
  • 請求書の売却により、顧客との信頼関係に影響を与える可能性があります。
  • ファクタリング会社の審査基準によっては、売却できる請求書の種類や条件が制限されることがあります。

5. ファクタリングと関連する用語

  • リソースファクタリング:企業が売掛金のみならず、他の資産や権利も含めて売却する仕組み。
  • リバースファクタリング:企業がファクタリング会社から融資を受け、その担保として売掛金を差し入れる仕組み。
  • ファクタリング・ウィズアウト・リコース:ファクタリング会社が売掛金の回収リスクを完全に負う形態。

ファクタリングは、企業の資金調達や資金繰りの改善に役立つ手法ですが、利用する際にはリスクやコストを十分に考慮し、適切な判断を行うことが重要です。